お知らせ

ミヤマキリシマについて

2021年05月20日

ミヤマキリシマ・九重連山

5月下旬~中旬の九州の山はミヤマキリシマが美しい季節だ。ミヤマキリシマはツツジの一種で、火山活動が終息した山に咲き、阿蘇山、九重山、雲仙岳、霧島山で多く見られる。その中でも、くじゅう連山の平治岳や大船山は、とくにミヤマキリシマの群落が美しいことで知られる。
くじゅう連山は大分県の南西部に位置し、九州本土最高峰の中岳をはじめ久住山や大船山など1700m級の山々が連なる九州の屋根で、阿蘇くじゅう国立公園の中核をなす山域です。

くじゅうでは毎年、6月の第一日曜日に「山開き(山頂祭)」が行われ、本格的な登山シーズンを迎えます。くじゅうと言えばこの時期はなんといっても初夏を彩るミヤマキリシマが有名でしょう。天然記念物に指定され、くじゅうの代名詞にもなっています。

6月初旬から中旬にかけて、山肌一面がミヤマキリシマの鮮やかなピンク色に染まる光景は素晴らしく、まさに天空の絶景で、ミヤマキリシマを目的に全国からも多くの登山者が訪れます。

ミヤマキリシマはくじゅう連山のほぼ全域で見られ、標高の低いところから開花してきて、多くの登山ルートで楽しませてくれますが、中でも平治岳や大船山の大群落は圧巻で大変人気があります。今年もくじゅうのミヤマキリシマのシーズンがいよいよ到来です! 今年はどんな絶景を見せてくれるか楽しみです。

九重連山についてミヤマキリシマ
https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=698

ミヤマキリシマについて
https://www.visit-oita.jp/topics/detail/182

一覧に戻る

このページの上へ